川崎市高津区の小児科・皮膚科・内科のことなら二子新地ひかりこどもクリニック。
東急田園都市線「二子新地駅」徒歩1分です。

二子新地ひかりこどもクリニック

宮川クリニック

お知らせ

【出荷再開】ヒブワクチン供給不足(出荷停止)について

ヒブ(インフルエンザ菌b型)ワクチンにつきまして、注射針の表面に錆が付着していた製品があったことから出荷停止となっておりました。ヒブワクチンの製造会社より調査の結果、製造工程に問題は認められず、種々の要因が重なったことで偶発的に発生したと考えられ、発生率も非常に低いことが確認されたとのことで、3月2日から出荷が再開されました。

当院でもヒブワクチンが在庫不足だったため、1回目接種の方のみのご予約としていましたが、2回目以降の方も接種していただけるよう、WEBからご予約をお受け致します。

接種間隔がずれてしまいご心配という方は、どうぞ一度お電話でお問い合わせください。

【ヒブワクチン】
標準的には生後2か月から7か月の間に接種を開始し、接種間隔は4-8週間とされております。1期追加(4回目)の接種間隔は、3回目終了後7か月から13か月の間隔をおいて接種することとなっています。
******************
【ヒブ(インフルエンザ菌b型)感染症ってなに?】
Q:ヒブってどういう菌?
A:ひとののどや鼻にすみついている身近な細菌です。
Q:ヒブ感染症では何が心配?
A:赤ちゃんの髄膜炎(ずいまくえん:脳やせき髄をつつむ膜に細菌が入りこんで炎症を起こし、発熱やけいれんなどを引き起こす感染症)の原因となります。
Q:ヒブはどのように感染するの?
A:咳やくしゃみを吸い込んだり(飛沫感染)、おもちゃなどに付着した菌に触れて吸い込む(接触感染)ことで感染します。
Q:ヒブ感染症は治療できるの?
A:ヒブは急性中耳炎や肺炎の原因にもなります。適切な抗菌薬を使用することで治療が可能です。
Q:ほかの種類でヒブワクチンはないの?
A:海外では他のヒブワクチンが使用されることもありますが、日本で承認されているヒブワクチンは1種類のみです。
******************

困ったときのお役立ちリンク集

クリニックからのご案内

ご意見箱

お知らせ

各種健診・予防接種

専門外来

メディカリスト

高津区ドクターズ

pagetop