川崎市高津区の小児科・皮膚科・内科のことなら二子新地ひかりこどもクリニック。
東急田園都市線「二子新地駅」徒歩1分です。

二子新地ひかりこどもクリニック

宮川クリニック

お知らせ

帯状疱疹 ワクチンで予防!

帯状疱疹は予防可能な疾患です。

帯状疱疹を予防するワクチン「シングリックス®」をご紹介いたします。

 

【帯状疱疹とは?】

子供の時に水痘(水ぼうそう)に罹った方が、加齢やストレス、糖尿病やがんなどの病気によって免疫力が低下すると、からだに潜んでいたウイルスが再活動し、神経を伝わって皮膚に到達して発症します。

この水痘(水ぼうそう)ウイルスは、日本人成人の90%以上は体内に潜んでいて、特に50歳以上の方では帯状疱疹が発症しやすくなることが知られています(80歳までに約3人に1人が帯状疱疹になるといわれています)。

子供の水痘ワクチンが定期接種化されてから水痘の流行が減り、その結果、高齢者がブースターを得る機会が減少しています。今後、高齢化の影響に加え、水痘流行の減少により、帯状疱疹の罹患がさらに増加する可能性があります。

 

【帯状疱疹の症状は?】

体の片側の一部にピリピリとした痛みがあらわれ、その部分に赤い発疹が出てきます。痛みは徐々に強くなり、夜も眠れないほどの強い痛みが出ることもあります。症状の多くは上半身にあらわれ、顔や頭にあらわれることもあります。

50歳以上で帯状疱疹を発症した人の約2割は、皮膚の症状が治った後も3ヶ月以上痛みが続く「帯状疱疹後神経痛(postherpetic neuralgia:PHN)」になると言われています。高齢者ではとくにPHNのリスクが高く、PHNを防ぐためにも帯状疱疹の予防が大切です。

 

【帯状疱疹にかからないために】

日頃から体調管理を心掛け、免疫力が低下しないようにすることが大切です。

50歳を過ぎたら帯状疱疹の予防接種ができます。頑固な神経痛に悩まされることを避けるためにも「シングリックス®」が有用です。

ご興味がある方は、お電話でお問い合わせください(044-844-9058)。

 

【シングリックス®について】

ワクチンの種類:不活化ワクチンです。筋肉注射となります。

接種間隔:2か月の間隔をあけて2回接種する必要があります。

効果:50歳以上の方では有効性97.2%、効果の持続期間は9年といわれています。

副反応:接種部位の痛みや筋肉痛があります。

費用:自費となります。(1回あたり24,500円)

※川崎じもと応援券をご利用いただけます(2021年3月31日まで利用可)

*予約はお電話でのみ受け付けています。
*予約後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

 

出典:国立感染症研究所HP「帯状疱疹ワクチンの導入について」

院長 久保田 亘
記事監修
院長 久保田 亘

昭和大学医学部 卒業

小児科専門医、小児科指導医、日本腎臓学会専門医、日本小児腎臓病学会代議員
二子新地ひかりこどもクリニックでは、おねしょ・肥満・低身長・食物アレルギー・育児相談など、各分野の小児科エキスパート複数名で診療にあたります。

 
詳しい医師紹介を見る  クリニックの予約を取る

困ったときのお役立ちリンク集

クリニックからのご案内

ご意見箱

お知らせ

各種健診・予防接種

専門外来

花粉症・アレルギー性鼻炎でお困りの患者さんへ

ドクター体験レポート

メディカリスト

川崎ドクターズ

pagetop