川崎市高津区の小児科・皮膚科・内科のことなら二子新地ひかりこどもクリニック。
東急田園都市線「二子新地駅」徒歩1分です。

アレルギー性鼻炎 川崎市高津区の小児科 二子新地ひかりこどもクリニック

二子新地ひかりこどもクリニック

アレルギー性鼻炎

Special

子どもの花粉症(アレルギー性鼻炎)

花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」ともいわれます。春先に飛散するスギによるアレルギー性鼻炎が有名ですが、実際にはスギ花粉以外の多くの花粉(ヒノキ、カモガヤなど)も原因となります。
また、ダニやハウスダストなどが原因となるアレルギー性鼻炎もあり、これは季節に関係なく症状が現れるため「通年性アレルギー性鼻炎」といいます。

子どものアレルギー性鼻炎(花粉症)の特徴は?

アレルギー性鼻炎(花粉症)は年々増加傾向にあり、幼児期から10歳代までの比較的低年齢で発症することが特徴的です。喘息と合併することも多く、喘息のお子さんの70-80%にアレルギー性鼻炎(花粉症)も合併するという報告があります。

症状

目や鼻をこする、鼻をかまないといけない、集中できない、眠れないなど、さまざまな不快を感じ、勉強を含めて学校生活に支障をきたすことがあります。
花粉症がひどくなると喘息も悪化することがあります。

診断

当院では、指先からの採血でお子さまにも侵襲が少なく、30分程度で調べられる検査が可能です。この検査で、ダニやネコ・イヌ、スギ、カモガヤなどにアレルギーがあるかどうか判断できます。

治療や予防はどうするの?

治療

アレルギー性鼻炎(花粉症)は抗アレルギー薬の内服や点鼻薬を早めに開始することが重要ですが、薬だけに頼るのではなく、生活環境を見直すことも大事です。

  • 窓は開けっぱなしにしない
  • 布団を干すときは上に布をかけるようにする
  • 空気清浄機で換気する
  • 外出するときはメガネやマスクを忘れないようにする
  • 帰宅したら外で衣類をよくはたいて花粉を家の中に持ち込まない
  • 外出先から戻ったら、手・目・鼻をよく洗う
  • 髪にも花粉が付着するので早めに入浴する

新たな治療法 ~ アレルゲン舌下免疫療法 ~

アレルギーの原因となる物質を少量ずつ体に投与して、体を慣れさせ、症状を出にくくする治療法です。アレルギーの根本治療となりうる治療で、2018年からは子どもでも保険適応(5歳以上)となっています。小児でもスギ花粉に対する舌下免疫療法により目や鼻の症状が改善することが報告され、有用な治療法です。スギ花粉以外では、ダニに対する免疫療法があります。

当クリニックでもアレルゲン舌下免疫療法を積極的に行っております。
開始時にはパンフレットを用いて詳しくご説明致します。
治療法でお悩みの場合は、まずはご相談ください。

困ったときのお役立ちリンク集

クリニックからのご案内

ご意見箱

増税に伴う料金変更のご案内

お知らせ

各種健診・予防接種

専門外来

pagetop